結婚式で着物を着用するなら知っておきたいこと

結婚式で着物を着用するなら知っておきたいことのアイキャッチ画像

着物を自身で着付けることができる方も少なくなり、着物=敷居が高いと感じている方もいらっしゃるでしょう。しかし、近年では結婚式に着物を着用する若い方も増えていて、着物の格式も多様化しています。こちらでは、現代の着物の格式に合った解釈をご紹介します。

振袖

振袖

振袖は未婚女性の第一礼装であり、結婚式でもよく着られている着物です。

  • 小物の色味を派手にしすぎず、抑える
  • 10代20代の女性でも既婚者であれば色留袖や訪問着を選ぶ

黒留袖・色留袖

黒留袖は新郎新婦の近しい間柄の方が着る第一礼装、色留袖は第二礼装です。第二礼装である色留袖も、五つ紋にすると黒留袖と同等の格式があります。

  • 黒留袖は新郎新婦の親と身内の女性
  • 色留袖は未婚・既婚問わず、参列者が着ることができます

訪問着

訪問着

訪問着は、招待客が気軽に着ることができる準礼装です。袖が短く場所のしばりがありません。柄物や色無地の物もあり、若い方からご年配の方まで幅広い世代の女性に人気があります。

また、一般的に花嫁とかぶる白のお洋服はNGとされていますが、着物の場合は白を基調とした着物でもマナー違反にはなりません。

  • 花嫁を引き立てるために小物の色味を抑える
  • 黒は黒留袖とかぶってしまうので避ける

色無地

色無地は、選ぶ帯の種類で格式が変わります。袋帯は正装から準礼装まで。名古屋帯だと普段着となります。柄がない色無地は、清楚にまとまりやすく新郎新婦を引き立てます。

  • 帯は袋帯で華やかなものを選ぶ
  • 年齢、未婚・既婚を問わず着用できる

着物を着用して結婚式へ参列する場合、特別なルールはありませんが、マナーを守ることが大切です。WA TAILORでは、品質の高い着物を適正価格で提供しています。着物一式をカスタマイズして、初めての方でも自分らしいコーディネートを楽しめるようになっていますので、ぜひWA TAILORをお役立てください。

2019/3/17